手術による多汗症の治療

手術で多汗症治療をするという方法があります。手術による多汗症治療は思い切った決断といえますが、他の方法で満足のいく効果が出なかった場合は必要な判断だともいえるでしょう。手術での多汗症治療にはいくつか種類があります。多汗症治療の手術で有名なのはボトックス注射です。ボトックスはボツリヌス菌の毒素から作る薬品で、神経伝達物質の働きを弱めることにより、エクリン汗腺からの発汗を抑制します。

多汗症の手術の中でも手軽にできるのがボトックス注所の特徴で、治療痕もほとんど残りません。治療時間も短く術後の痛みもほとんどありません。人によって効果のよく出る人と出ない人がいること、数カ月から1年程度で効果が切れてしまうのが欠点です。多汗症の症状が完全になくなるような治療方法ではないので、結婚式に出席する時や、汗をかきやすいシーズン限定等の感覚で利用するといいでしょう。交感神経を切除することで発汗作用を抑える手術は、手のひらが主な多汗症部位という人に適しています。

全身麻酔で行い、わきの下数ミリの穴をあけてスコープを挿入し胸部交感神経を切除します。手のひらの多汗症であれば完治させることのできる治療法です。ただし、手のひらの発汗はなくなる代わりに、背中や腹など手のひら以外の部分の発汗量が増える代償性多汗症になることがあります。主治医よく相談してから、交感神経切除手術は受けるようにしましょう。多汗症の手術はこれらの他にも様々なものがあります。手術について決める時は、他の方法も含めてよく調べてから決めることです。