増える体重のメカニズム

なぜ人間の体重は増えるのでしょうか。体重を量るのが怖くて、避けていたら体重が増えてしまっていたという経験はありませんか。どこかに出かけた時や里帰り、年末年始やGWなど長期休暇が終わった後などは、外食やアルコールの影響で体重が増えることがあります。結果的に、体重計に乗るのをためらってしまうことになります。

体重が増える理由として主なものは、カロリー過多な食事をしていたり、運動をする機会がほとんどない生活をしていることなどが考えられます。体重を減らすには生活や食事を変えることが大事だといいます。そのためには、まずどう変えればいいか、体重が増える仕組みを考えながら決めましょう。体内に取り入れるカロリーが使い切れずに余ってしまう限り、体重が増えるということが体重が増える仕組みです。

人の体は、体温の維持や臓器の活動、体を動かすために一定のカロリーを必要とします。食べ物やおやつで、使う量につり合うだけのカロリー摂取をすることが理想的です。日常生活や運動などをする時に使われるエネルギーである生活活動代謝も含まれます。食べ物を食べる時や消化する時に使われる食事誘導性熱産生も基礎代謝です。この食べ物を食べたから太る、というわけではないといわれています。体内に取り入れるカロリー量が使うカロリー量より多ければ、体重が増えるという仕組みなのです。