増える体重と生理

生理周期と、体重が増える現象には関係があります。一般的に、体重が増える理由は摂取カロリーが消費カロリーより多いからですが、女性はそれ意外にも理由があります。体重が増える理由がホルモンの状態に関わることがあります。生理に女性が太る傾向があるというのはこのためです。

排卵後から生理までの間は黄体ホルモンによって、体は水分や塩分を溜めやすい体質になる為です。1s前後の体重の増加が生理中にはあるという女性も案外と多いようです。一旦は増えた体重も、生理が終わって体調が戻ればまた減少するといいます。生理になるとダイエットの努力が水泡に帰してしまうと、最初からダイエットをすること自体をやめてしまう人もいます。生理中のホルモンバランスが崩れた為に、食欲が増してしまったりします。

食欲に負けて食事を増やしたり、甘い物を食べると食欲が増えるきっかけになります。生理中だからと何でも食べるのは控えましょう。好きなものの内のひとつを食べたり、今までのダイエットのご褒美として好きなものを朝やお昼に食べると良いのでは無いでしょうか。朝や昼に食べたものは日中の活動エネルギーに消費されますので、高カロリー食は朝か昼がおすすめです。ダイエットを達成するためには、体重が増えるメカニズムを認識した上で計画を立てることが大事です。